保育理念

家庭的な雰囲気の中、様々な体験を通して、心身ともに健やかな子どもが育つ保育を目指します。

子育てを支援するという立場から、私たちは子どもたちにとってより良い環境づくり、より良い保育について日々考え実践していきます。

保護者の皆様、地域の皆様と共に喜びを分かち合い、また、私たち職員も「教育」ではなく、共に成長し育つ「共育」を目指します。

保育方針

正義の心

日常生活の中でも、してもいいこと、悪いことの区別をしっかり身につける‟正義の心„

勇気の心

日常生活の中で、なんでも挑戦できる気持ちを育む‟勇気の心„

平和の心

周りの人や物に対する優しさと仲間を大切にする気持ちを育む‟平和の心„

保育目標

協調性

みんなで仲良く力を合わせられる子ども
    (誰とでも仲良く、みんなで考えみんなで作る喜び、楽しさを育む)

自立性

自立の心を育て、どんなことにも負けない子ども
    (自分から進んで物事に取り組む意欲心を育てる)

感性

一人ひとりの感覚を大切に創造性豊かな子ども
    (毎日のお散歩を通し、季節の花や草木、虫や魚、小動物などに触れ合い、感じる、考える、行動してみる感性を育む)

好奇心

子どもの知的好奇心を育む
    (日常生活の中で発見や知る喜び、絵本やおもちゃなどに興味や関心、探求心を育む)

小規模保育事業所の運営方針について

家庭的な雰囲気の中、一人ひとりの発達の特性を理解し、質の高い保育を目指します。

また、小規模保育事業所A型であるため、保育士資格を持つ専門的知識を持つ職員の日々の育成、研修に努めること、
又、働いている全ての職員が毎日楽しく保育できる環境、職員体制を整えること。

その地域ごとの環境や特色を十分理解し保育行政に積極的に協力すること。

当該施設について

‟子どもは未来の宝„をスローガンとし、一人ひとりの子どもに光を当て、子どもの最善の利益を考慮した保育が提供できるように心がけております。小規模保育という家庭的な雰囲気の中で多様性や柔軟性の保育の質の向上を目指し、アットホームな環境で保護者や子ども達に寄り添った保育を提供しております。

また、全園小規模保育事事業A型で運営しており保育士の専門性の知識やノウハウなどを活かし子どもの発達過程に応じて生涯にわたる生きる力の基礎を培うよう努めております。食育についても各園栄養士を配置し、食の大切さを伝えるため1カ月に1回のクッキングや季節の野菜を育て、収穫、食するなどを体験し様々な経験を通して‟食„に関する知識を全職員と共に取り組んでおります。また、乳児期に表れやすい食物アレルギーなども全ての物に対応し保護者の方や子ども達が安心で安全な給食を提供できるように努めております。

グローバル社会と呼ばれる昨今、当園では乳幼児期から異文化に触れあうために歌やダンス、絵本などで英語に触れ、月に一度、講師の方を招き、子ども達が楽しく自然に英語のリズムや発音を遊びながら身につけること、親しみを覚えるように触れ合っております。認可外から保育事業を立ち上げ25年間、私自身養護と教育に向き合ってまいりました。職員一人ひとりの倫理観、人間性、責任感など施設長を含めた職員の質の向上のため育成に努めております。

理事長 澤田敦子